病気による視力低下を考える

視力を低下の原因となる病気とは

日本眼科医会でも危険を発しているのが、眼鏡を作るときの眼科受診率の低さです。
ほとんどの方は、直接眼鏡屋さんへ行くのではないでしょうか。

眼鏡を作ることで、一時的に目の見え方は改善されるかもしれません。
ですが、万が一病気が原因だった場合には、病気の進行を見逃すということにもなりかねません。

目の病気は長い年月をかけて、目への負担が起こす病気が多い為ある程度の年齢に達している方ほど注意が必要です。
特にパソコンやスマホで目を酷使している人は要注意ですよ。
白内障や緑内障は、一昔前まではおじいちゃん、おばあちゃんのかかる病気でしたが、目を酷使する現代人にとっては発症もその分弱年齢化しているそうです。
スマホ老眼という言葉まで出来てしまっている程、現代っ子は目を使いすぎているようです。

眼科受診の検査と眼鏡屋さんの検査の違い

眼鏡屋さんというのは、眼鏡を作って視力を矯正するということが大前提になります。
しかし、眼科での視力検査というのは、確実な度数のレンズを使用して1.0以上の視力が出るかどうかを検査するという方法になります。
これは、きちんとした度数のレンズを使用しても視力が矯正されないという事は病気の可能性もあるという判断もできる為です。

視力の矯正は近視だけではありませんね。
遠視や乱視などももちろん含まれています。
視力は相応にあるのに、目が疲れやすいとか見えづらいという症状がある場合も眼科を受診ししっかりと視力検査をした方がよいでしょう。

また、極度の近視の方は病気にもなりやすいそうです。
これは、普通の近視の人よりも目の奥の軸というものが長くなり網膜が引っ張られやすいからだと言われます。
急激に視力が落ちたなどという事が起きた場合は、必ず眼科を受診し検査をしてもらうようにしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る