見えればいいという考えは危険

眼鏡の形やデザイン

メガネのデザインは、以前よりもとても豊富になりました。
しかし、度数によっては重くなることも考えられる為、おしゃれなだけでなく長時間つけていても疲れないようなデザインを選ぶことも大切です。

顔のパーツによって、眼鏡のつるの長さや鼻のパッドの位置や高さなど、細かい調整が必要になりますので、眼鏡の知識に長けたスタッフさんのいるお店を選ぶようにしましょう。
フィッティングの際も、色々な方向を向いたり、下や上を向いたりして眼鏡がずれることがないか、きちんと確認をすることも忘れずに。
色々な条件はありますが、やはり似合っていないと毎日使う気にはなれませんので、このような条件をクリアし、お気に入りの眼鏡を見つけられるとよいですね。

目の疲れを防ぐように選んであげましょう

ピントを合わせる力は、年を追うごとに弱くなっていきます。
それ以外でも暗い所に順応する力など、様々な見る為の機能が低下すると言われています。
そんな中でも、目に負担の少ない状況を作れるよう眼鏡を選びたいものです。
趣味などで近くにピントを合わせる必要がある時は、手元専用の眼鏡や、中くらいの場所から近くが見える眼鏡を選ぶとよいでしょう。
アウトドアが趣味だったりしたら、ある程度遠い場所まで見えるような眼鏡を選ぶ、というように用途に分けて眼鏡を選択するという方法が、目には負担が少ないと言えます。

シチュエーションに合わない眼鏡を使っていると、目が疲れるだけでなく眉間にシワが寄ったり猫背になってしまったりと、印象も悪くなってしまいます。
明るい印象を付ける為にも、目の負担は軽くしてあげるよう心掛けてみてはいかがでしょうか。


この記事をシェアする
TOPへ戻る